補償プラン

補償プランについて ペット医療保険「ペットがいちばん保険」

動物も人と同様に病気やケガをします。犬猫の成長は人間の年齢に比べると早いため病院へ行くのが1日遅れるだけで症状がかなり悪化してしまうもこともあります。家族として迎えたペット。病気やケガを被ったとき、ペット保険を利用することで費用のかかる高度医療を含め治療方法の選択の幅が広がります。そのことで救えるペットがいます。経済的なことを理由に「諦める」という選択を回避できる可能性が高まります。

補償プラン

保険金について

ペットがいちばん保険に入っていれば・・・

補償割合追加特約期間中の場合
100%補償(自己負担ゼロ)

補償割合追加特約

特約期間:契約日から60日間
この特約により主契約の補償割合を上乗せし、主契約と合わせて30万円を上限として対象となる治療費の100%を補償します。
・30万円を超過した額の主契約への充当順位は原則、通院 → 入院 → 手術となります。
・特約期間中の保険金が30万円を超えた場合は主契約の補償割合でのお支払いとなります。
・特約の保険料はお申込み時に一括で払込頂きます。

免責期間補償特約

この特約を付加した場合、普通保険約款の免責期間の規定は適用されません。
【補償割合追加特約及び免責期間補償特約の取扱いについて】
所定のペットショップでの0歳犬猫のみに取扱います。
付加できない場合
1歳以上の犬猫・・・・・・・・付加できません
ペット購入時以外の加入・・・・付加できません

契約条件(加入条件)

お申込みいただけるどうぶつ

犬・猫の2種類

※家庭で飼育されている愛玩動物または伴侶動物、身体障がい補助犬法に定める盲導犬、
介助犬および聴導犬が対象となります。
※事業用(繁殖用・興行用・闘争用・狩猟用等)の動物はご契約の対象となりません。

新規ご契約の対象年齢(保険契約の責任開始日時点での満年齢)

7歳11ヵ月まで

補償(責任)開始日時期について
■店頭でのペットご購入時加入の場合・・・
所定のペットショップで初回保険料(年払いの場合は年払い保険料)を払い込んだその日が、保険期間の初日(以下、契約日といいます)となり、契約日から補償(責任)が開始されます。店頭で0歳犬猫ご購入の場合は、免責期間補償特約と補償割合追加特約が自動付加されます。
※免責期間とは、保険期間が開始しても発症した病気やケガについて補償の対象とならない期間の事です。
※補償開始前に生じた病気やケガは補償の対象となりません。
※初回保険料:(月払口座振替の場合3/12回分、月払クレジットカードの場合1/12回分)
■お引き渡し後、後日加入の場合・・・
初回保険料(年払いの場合は年払い保険料)を払い込んだその日が、契約日となり、契約日から免責期間終了後に補償(責任)が開始されます
※初回保険料:(月払口座振替の場合3/12回分、月払クレジットカードの場合1/12回分)