スタッフコラム

  • 大型犬、小型犬

    Date: 2020.05.26 tue

    室内で飼いやすい小型犬。小さくてかわいらしい、その愛くるしさは何とも言えませんが、大型犬についても一度は欲しいと思ったことはないでしょうか。

     

    「名犬ジョリィ」世代は大型犬の背中にのって遊びたいそんなことを思ったことはきっとあるはず(名犬ジョリィ知らない方はぜひググってみてください)。

     

    緊急事態宣言も解除される地域が多くなってきたものの、まだ自粛は求められるなか気候が心地いいこの時期は、余計に外に出たくなるものです。目に見えて愛犬の散歩をしている方も多くなっていると感じます。

    先日、海でゴールデンレトリーバーに会いました

    目が合うとこちらに寄ってきてスリスリしてくれるのです。優しい目。小型犬とは違ったかわいらしさを感じますね。

     

    大型犬の特徴といえば、大きい(目安:体重25kg超、体高50~60センチ)ことに加え、「賢さ」が多数を占める意見ではないでしょうか。警察犬や災害救助犬、盲導犬として活躍していたり、赤ん坊をあやす映像なんかも数多く観られますね。

     

    その一方で飼うには大変さも付きまといます。広さも必要でしょうし、手入れも必要。食べる量だって多くなりますし、散歩や運動もさせてあげないといけません。

     

    ちゃんと最後まで面倒をみてあげられるか、を考えてからでないと飼えません(もちろん大小に関わらずの話ですが)。もし病気になってしまったときには病院に連れて行くのも大変かもしれません。食費も飼育費も医療費もそれなりに掛かることも理解しないといけません。

     

     でも大型犬と一緒に暮らすのを想像するのはとても楽しいものです。なんて、こんなことを言いながら私自身、親戚の家や友人宅で飼われているわんちゃんたちと仲良く過ごさせてもらってきましたが、実は自宅で自分自身がわんちゃんを飼ったことはありません。

     

    将来は大型犬と散歩をしたり優雅に暮らしたいとおもっています。
    梅雨入り前、心地よいこの時期をよい時間に^^

     

     

    充実の補償ペットがいちばん保険
    ペッツファースト少額短期保険株式会社
    HP: https://pfirst-ins.co.jp/
    ペットのためのペット保険
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛